ごあいさつ

1970(昭和45)年に、「弁慶寿司店」を八尾の地に開業しました。

 「産業給食」に対するニーズの高まりを感じ、心機一転1984 (昭和59)年、

産業給食業界に参入しました。

 その間「食」を取り巻く環境は、時代の変遷に伴い目まぐるしく変化を

遂げてきました。

 食品流通のグローバル化や、「不当表示」や「偽装」などのモラルの問題、食品に対する「安全・安心」への高まり、食品産業の肥大化・多様化に伴う「環境問題」、また、住環境の変化とともに進化をし続ける衛生管理に対する取り組み等 問題は山積しております。

 私たちはこれらの問題にも配慮しつつ、また、厳しい競争を勝ち抜くために2007(平成19)年、社屋の移転を決意しました。

 世界的な環境不安の中で、社員の危機管理における意識の向上、人と人との繋がりを大切にできる人材の育成など、何事にも屈しない強靭な企業づくりを目指し、日々邁進する所存です。

 

代表取締役  大坪 吉勝

                                                   

 昨今の世界的な金融不安やグローバル化に伴い刻一刻とものすごい勢いで

変化を遂げる厳しい経営環境の中で、私たちはいかにして皆様にとって必要と

される会社に、また社員が共に成長でき生きがいを感じることのできる環境・

企業風土を築き上げていくことができるのか、問われていると感じております。

 昨年3月に発生いたしました東日本大震災においては、食品に対する過度な 「風評被害」などに代表されます通り、根源から「食」に対する取り組みと、皆様の 生活の一翼を担う責任を改めて再認識し、皆様のご指導とご鞭撻を賜りながら 原点に立ち返り、事業に邁進していく所存です。

  また、IT化やグローバル化が加速するにつれて、時代が求めるニーズはますます多様化し続けることでしょう。
 私たちは皆様からの信頼はもちろんのこと、加えて次代のニーズを的確かつスピィーディーに捉えつつ、新しい カタチでお客様に最適でかつ最新のご提案を続けていくことが求められています。

 私たちは、常に時代の一歩先のイノベーションを追い求め、環境に寄り添う意識を高く持ち続け、共存共栄の社会づくりに貢献して参る所存です。
                                             代表取締役 浦 博之